ゆったり、まったり。

しゅーぱか。さんのほのぼの日記

【 #ぱか日記 】ひとりの時間は大切だ。 ( 2018/04/28 )

 

先日、とある おでーと(オフ会) をさぼった。

相手にごめんなさいをして、次の機会にまわしてもらった。

寛容な相手に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

オフ会をさぼって何をしてたかというと、特になにもしなかった。

ただ、休みたかった。何もせずに ぼーっとしたかった。

 

気が向くまで寝て(とかいいつつ 9時ごろには目が覚めたのだけど)、

同居人が実家に帰るのを見送った。

ひとりになってからは、おふとんを干して、Yシャツのアイロンがけをして、

マットの上で、ゴロゴロしながら ぼーっとした。

 

この時間が、ほんとうに心地よかった。

自分が必要としていたものは、これだったのかなぁ、なんておもった。

 

 

思えば、この 1ヶ月間、慣れない環境で、知らない人に囲まれて、

よくわからない講義を聞きながら、仕事と言えるのか怪しい仕事をして、生きてた。

 

環境や人には恵まれている。充実してたし、楽しい時間だったし、

そこは間違いないと思うのだけど、

心のどこかでは、やっぱり緊張していて、

ひとりで落ち着ける時間がなくて、地味にストレスが蓄積されていたのだと思う。

 

2週間ぐらい前に、中華街で 手相の占い師さんに

「あなた、人見知りでしょー?」って言われた。

そうなの!私、人見知りなの!

みんなは、そんなことないでしょ~!コミュ力高いね!っていうけど。

俗にいう隠れコミュ障なのです。

だから何?ってわけでもなく、ちょっとがんばって普通に生きていくだけ。

 

 

話が逸れたけど、ひとりの時間って、人生に必要だと思う。

 

会社の導入研修で、

ひとりの時間なんて存在しない。

ぼーっとしてる時間も誰かのおかげで成り立っている。

なんて言われたけど。

確かにそれは正しいと思うんだけど、

他者が介入してこない、他者の存在を感じさせない、そんな時間が

ちょこちょこ存在してくれたら 生きやすいなぁって思う。

 

 

夜は元気になったので、高専時代の先輩とラーメンを食べた。

久しぶりに会う、ふたりでご飯にいくのは初めてな感じだったけど、

距離感が、優しさが心地よくて、快適に過ごした。

1時間ぐらい並んで食べた家系ラーメンはおいしい。スープまで完飲した。

のどがちょっとおかしくなるまでが、家系のテンプレな気がしてる。

帰り際にお店の方から、キウイとみかんも貰って、嬉しい気持ちになった。

 

寮に着いて、干したての ほんのりあったかいふとんにダイブして、

今日はしあわせだったなぁ、なんて思う。そんなGW 初日でした。

 

 

某氏とのデートの予定も、近々立てていかないと、ね。