ゆったり、まったり。

しゅーぱか。さんのほのぼの日記

あの人の手帳

はじめに

 

このブログは #ぱかれんだー の11日目の記事です。

 adventar.org

 

ほんとうはすきな本の話をしようと思っていたのですが、

別の話をしようと思います。

 

さて、皆さんは、手帳(スケジュール帳といった方が良い?)を使っているでしょうか?

もしかしたら、スケジュール管理はスマホ派の人も多いかもしれないですね…!

 

私は、システム手帳を使っています。

理由は、憧れの人にすすめられたから。

 

なんでシステム手帳がなのか、忘れちゃったけど…

確か、中身の取り外しができるから、

嫌なものは外せるし、残したい言葉はそのままにできる…だったかなぁ……

思い出せない…

 

よく分かんないけど、すすめられたものを

よく分からず、1年間使ってました。

でも 今日、はじめて手帳を使っていてよかったって思えたのです。

 

それは、手帳のリフィルを変えた時のこと。

(去年から使い始めたから、はじめてのリフィル交換でした)

変えた瞬間に、心機一転。という感じがしました。

よくわかんないけど…

今年が過去になっていく感覚、緊張感を覚えました。

 

そして、取り外した方のリフィルを見てみると、

こんなオフ会したなぁ~ とか

どんな強行スケジュールだよ!(笑) とか

デートたのしかったなぁ とか

いろいろ蘇ってきて、ちゃんと生きていかないとって思えました。

 

あぁ、システム手帳っていいなぁ、って…笑

過去を簡単に振り返ることができるのも、手帳のメリットかもしれませんね。

 

手帳、おすすめですっ。

 

☆おまけ☆

 

今日のブログのタイトルの話。

 

「あの人の手帳」というタイトルの、短編小説があります。

有川浩さんの作品で、映画 図書館戦争とのコラボ商品の手帳についてきた

非売品の作品です。知っている方いますかね…

 

図書館戦争がひさしぶりに読みたくなりました。

 

今日書きたかったのは、そんなところです。