読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったり、まったり。

しゅーぱか。さんのほのぼの日記

ラトルバック

 

最近教えてもらった面白いおもちゃを紹介します(`・ω・´)

名前は、ラトルバックです!

 

www.youtube.com

 

Wikipedia 曰く、

ラトルバック(英: rattleback)とは、特定の方向に回転しやすい性質を持つ半楕円体型のコマ。 逆方向に回した場合、回転が不安定化してガタガタという振動(rattle)が起こり、いったん回転を止めた後、初めとは逆に回り始める。

だそうです。

 

なんでこうなると思う?考えてごらん?

って言われて考えているのですが…難しいなぁ(´・ω・`)

 

とにかく!おもしろいおもちゃです!

みんなも遊んでみてください!

 

表現するとは、サンドバッグになることだ

 

前置き

Tumblr というSNSを利用してます。

www.tumblr.com

ざっくり言ってしまえば、

TwitterとブログとInstagramが融合したようなSNSです。

 

TwitterをはじめとするSNSでは、

他人の視線を意識しながら生きてしまう私ですが、

そういうものを意識せずに

感じたものを素直に発散できる場所がほしい!

と思って使いはじめました。

(おそらく私のTumblrを知っている友人は1人だけです)

 

そんなことはどうでもいいんですよ!

ここまではただの前置です!

 

本題

Tumblrのフォロワーさんの中に

表現するとは、サンドバッグになることだ

と書いていた方がいました。

 

何故かわからないけど、

心にグサッってきたので勢いでブログにしてます!

 

世界に何かを投げかければ、

世界は100倍の力で殴り返してくる。

 

全くその通りだなと感じました。

 

でも、そこに屈するのはナンセンスだと思います。

 

見物客はどうやっても勝てない。

批評家じゃなくて批評される側に立ちたい。

 

そんなことを思う、今日この頃です(`・ω・´)

 

本の感想をブログに書きたい!

 

こんにちは、しゅーぱか。です(`・ω・´)

タイトルは中学生ぐらいのときからの野望です…笑

 

きっかけ その1

 

きっかけは 1冊の本。

有川浩さんの『レインツリーの国』です。

(この本については改めて感想文を書こうと思います…!)

 

主人公の伸行とひとみちゃんみたいに、

私も本を通じて

誰かと想いを共有できたらいいなと思ったのです…笑

 

きっかけ その2

 

だったら行動に移せよ!!!って話なんですけど!

自分の読んでいる本とか、影響を受けている人物を明かすのって

少し勇気がいると個人的には思うのです…

 

その考え方を覆してくれたのは、大好きな中谷彰宏さんです。

 

中谷さんは自身の公式サイトで

" 読書日記 " と称して読んだ本を公開していたのです!

読書日記 | 中谷彰宏公式サイト(an-web)

 

読書量の多さにびっくりしました!

私も負けられないな…!って思いました!

 

まとめ!

 

というわけで!

これからは読んだ本と感想をブログに書いていこうと思います。

語彙力を高めること、自分の感じたことを整理することも目的です。

 

自分が1年でどれぐらい本が読めるのか、把握したいです。

 

とりあえず、まずは3日から!

毎日続けることを目標にがんばります!

 

猫様のお告げ

 

昨日、プログラミングが苦手なことについて記事にしました!

 

それに対する返答をしちにゃんさんがくださったので紹介しますฅ•ω•ฅ

 

愛を感じました…笑

ありがとうございます⸜( *´꒳`*)⸝

 

こんな風に意見をくださると、成長するためのヒントを見つけられる気がします。 

 

あなたの意見、お待ちしています( *˙˙*)

プログラミングが苦手な女子高専生が Progate に出会って苦手意識を克服しつつある話。

はじめに

この記事を読むにあたっての注意事項です。

◇この記事を書こうと思った理由

・自分がプログラミングが苦手な理由を整理したい→克服したいから

・プログラミングが苦手って感覚について知識を深めたいという方がいたから

・私を救ってくれた Progate をみんなに布教したいから!

◇この記事を読んでほしい人

・プログラミングに苦手意識を持ってる人

・プログラミングは苦手!だけどできるようになりたい!っていう人

 参考になるかは知らないけど…ちょっと読んでみてほしい。

・"プログラミングが苦手"という感覚に興味のあるプログラミングが得意な人

 うまく使えば、新たなビジネスが生まれる気がするのです……

◇その他

※あくまでも一個人の意見です

プログラミングが苦手な子全員がこういう風に思ってるわけではないと思います。

 

この記事が誰かの背中を押したり、

新たなビジネスを生むきっかけになれば幸いです。

 

 

だから私はプログラミングができない!

というわけで、苦手だなぁって思う理由を述べていきたいと思います。

 

①これでいいの…??

 

やりたいように動いた!やった!じゃなくて、

動いたけど…この書き方でいいの?

って思ってしまうのが一因かなぁって思ってます。

 

プログラムっていろんな書き方ができて、

別にどれが優れていてどれが劣っているって訳じゃないのに

(そんなことはないと思うけどその段階にはまだいけない!全然分かんない!) 、

変なところにひっかかっていて、

勝手に苦手意識を持っているんだろうなぁって感じがします()

 

②だからなに…??

 

動いたけど…だから何?って思ってしまうのもいけない気がしてます。

なにが Hello,world! だよ!だからなんなの!!!って思っちゃってました…

 

想像力に乏しいというか…

これを使ってこういうことをしよう!

って発想を持てないのがいけないのかも?

全然、思いつかないや。

 

そして、やりたいことができたとしても、

自分の能力との差が大きいことを悟って、すぐにあきらめてしまう…

だから、いつまでもできるようにならないのかなって思います。

 

③プライドが高い!

 

わかんない!ってなって、つまずいたときに

・まず人に頼れない

 できる子にこんなこと聞くなんて恐れ多い…

・自分ができる子だと錯覚している

 (勇気を出して)人に教えてもらった後に驚くほど簡単に解決したりして、

 なんでこんなことで悩んでたんだ…自分だめだなぁ()って萎えちゃう。

 

妙にプライドが高いのが悪さしてる気がします。

素直になりたい。できない自分を受け止めて、克服したい。

 

④結局、意識の問題…?

 

自分の周りのプログラム書ける子って魔法使いみたいで、

すごくって、なんでもできちゃう!みたいなイメージがあって、

でも、自分は魔法使いには程遠くて…(ただの修行不足)

届かない、雲の上の存在なのかな…自分には無理なのかなって思っちゃってます。

 

ちょっと触ってつまずいて、

「自分はだめだ…向いてない」って決めつけてしまう。

挫折に弱い。打たれ弱い。これがいちばんの原因かなぁっておもいます。

 

 

このまま一生苦手なままなのかなぁ…嫌だなぁ。

せっかく高専に来てるのにプログラミング苦手って…(´・ω・`)

なんとかしなきゃ!って思い続けて数年が経ってしまいました。

 

 

Progateとの出会い

そんな私がProgateというサイトのおかげで苦手意識をを克服しつつあります。

 

出会いのきっかけはカウモ株式会社でした。

corp.kaumo.jp

ひょんなきっかけで遊びに行っていたのですが…

現役のプログラマさんとお話しする機会をいただきました!

 

日頃の疑問をあほみたいにぶつけながら会話していく中で、

Progate の話題になり、なんとなく頭から離れなくなって、

おうちに帰ってすぐにググりました…笑

 

prog-8.com

ちょっと試してみて、わーい!すごーい!たーのしー!ってなりました…笑

 

・環境を用意しなくてもコードが書ける!

・困ったときのヒント!

・やりこむとレベルが上がっていくので、ゲーム感覚で楽しめる! 

…などなど!

 

初心者向けにとても洗練されていて、

苦手意識が根強かった私でも、楽しくコードを書くことができました!

 

苦手な方は一度試してみたらいいかもしれません!

 

まとめ

この記事を書くのは、結構 恥ずかしかったです。

自分が苦手なことを苦手だと認めること、

それをはっきり理由付きで公言すること…

プライドの高い私にはしんどい作業でした…笑

 

プログラミングってハードルが高いことだと思ってたのですが、

実はそんなことないのかも…最近は思えるようになりました。

Progateと共に、これからもっともっと精進していきます…!(`・ω・´)

 

お引越ししました。

こんにちは。

しゅーぱか。と申します(`・ω・´)

 

以前はここでブログ書いてました。

shupaca.hatenablog.com

諸事情によってお引越しすることにしました!

これからもよろしくお願いいたします!